進化している!審美歯科の画期的な治療方法

ピーリングは歯茎をきれいにする治療

口を大きく開けて笑った時に、歯茎が黒ずんでいて気になったことはありませんか。歯茎の色は、口元の美しさに大きな影響を及ぼすものです。歯茎をきれいにしたいという方のために、審美歯科にはピーリングという治療があります。これは、歯茎に沈着してしまった色素をレーザーや薬剤を使ってきれいにする治療法のことです。黒ずみの原因となっている沈着した色素を薄皮ごと剥がすことができるため、何回も施術を受けることで歯茎がきれいなピンク色になっていくというわけです。清潔感がある口元になるので、歯茎にコンプレックスがある方に人気があります。

歯を白くする治療方法

審美歯科には、歯を白くすることができるホワイトニングという治療方法があります。これは、特殊なホワイトニング剤を歯に塗布することで着色物質を分解して白くする方法のことです。歯を削ったり、被せ物をしたりする必要もなく、とても簡単に歯を白くできるのが魅力といえます。

歯を白くして虫歯を防げる治療

歯に沈着してしまった色素や歯垢は、丁寧に歯を磨いても簡単に取ることができません。そのまま放置していると、口内で雑菌が繁殖して口臭や虫歯や歯周病の原因になってしまいます。また、歯に色素が付着することで美しさを損なってしまうのです。しかし、歯医者の審美歯科でクリーニングを受けることで、歯に付着した汚れや歯垢などを超音波を使って丁寧に除去することができます。さらに、コーヒーによる色素やたばこのヤニなどの汚れを残らずに取り除くことが可能です。その結果、虫歯の予防や美しい歯の色を取り戻すことができます。クリーニングは、数か月に一度のペースで受けることで歯をきれいにキープすることができますよ。

セレックとはセラミック修復のことで、コンピューター制御により被せ物を製作するシステムのことです。歯型を取る必要がなく、その場で被せ物を作ることができるので治療時間の短縮にもなります。