その歯科医で大丈夫?できるだけ自分の歯を残してくれる先生を探そう!

簡単に歯を抜こうとする歯科には気を付けて!

虫歯で歯が欠けて歯科に行くと、「抜歯してインプラントにしましょう」と言われたことはありませんか?虫歯がひどく土台を残して治療するのが難しいなどと言われると気落ちしてしまいますよね。けれどもセカンドピニオンをしたところ、「いやいや、土台は十分残せますよ。歯を抜く必要はありません」と言われて、抜歯せずに済むことも多いです。自分の歯は体の一部であり、できることなら保存治療することが望ましいでしょう。

自分の歯を保存する必要性

親知らず以外の歯に関しては、できる限り保存治療しようとする歯科医と、そうでない歯科医に分かれます。勿論症状によって抜くしか仕方がないケースもあります。けれども実際には、抜かないほうが良い理由もたくさんあるのです。まずひとつに、むやみに歯を抜くと歯並びが乱れます。噛み合わせに悪影響を及ぼすことも多いです。また入れ歯にすると、自分の歯で食べ物を噛めなくなります。しっかり噛み締めることは、人間の健康の源とも言えます。自分の歯を何とか残して、美味しく食事できるような状況がベストなのです。そのほか、抜歯した場合にインプラントにすると、保険が効かないために医療費が非常に高くかかるという問題も出てきます。

インプラント以外にも治療方法はアリ!

抜歯をしてインプラントにするという選択は、見た目の美しさなどのメリットもあります。けれども高額になりますし、やはり自分の歯を保存しておきたいですよね。そもそもインプラント以外に治療法はないのでしょうか。多くの歯科で行われるのが、ブリッジという方法です。欠陥のある歯の隣の歯を利用するやり方です。ブリッジであれば保険内で治療ができますし、抜歯もせずに済むので安心ですね。

根管治療とは俗に根の治療とも呼ばれています。歯髄などの腐敗産物を取り除くことで、歯を保存するための治療方法のことをいいます。