やってはいけない育毛に悪い!生活習慣4選!

脂こってりの食事と過度なダイエット

焼肉、ラーメンは誰でも好きな食事です。しかしこのような脂分の多い食事ばかりしていると、頭皮の皮脂が多く分泌されて脱毛の原因になりかねません。また逆にダイエットなどで過度な食事の制限をすると、栄養が足りなくなるのも注意です。脂分の取りすぎや間違ったダイエットはいずれも育毛の妨げになり、脱毛の原因になります。毎日栄養バランスを考え、規則正しい食事を取ることが育毛に良いとされています。

酒やたばこの過度な摂取

お酒やたばこが唯一の楽しみの人も多いものですが、飲みすぎ、吸い過ぎは健康を害するだけでなく育毛にも影響を与えます。お酒の飲み過ぎは肝機能障害をおこすことにより育毛を妨げます。たばこのニコチン成分は血管を収縮させる作用があり、頭皮の血流も悪くなり抜け毛の原因になります。どちらもたしなむ程度にすることが大切です。

睡眠不足による睡眠負債

最近では睡眠負債なんて言葉ができるほど、睡眠を十分にとらない人が多くなっています。所説や個人差もありますが6時間~8時間が一般的な睡眠時間だと言われ、この位睡眠を取らないと様々なストレスが身体に現れ、育毛にも影響を与えることになります。十分な睡眠を取るよう心がけましょう。

間違ったシャンプー選びや洗い方

シャンプーしたあとは清涼感があるものを好む人は多いです。しかし薄毛を気にしている場合は特に注意が必要です。シャンプーは髪の毛を洗うためだけでなく、頭皮の毛穴を洗う役目もあるのです。洗い方も大切でゴシゴシと爪を立てて洗うと、頭皮を傷め育毛の妨げになります。刺激の少ない無添加シャンプーを使い、爪を立てずにゆっくりマッサージする感じで洗うことが、頭皮の血行を良くし育毛に良いとされています。

育毛剤は商品によって配合されている有効成分やその量が異なります。薄毛になっている原因に効率良く働きかける商品を利用するのが、賢いと言えるでしょう。