産後はなぜ脱毛が多くなるの?女性ホルモンと脱毛の関係

産後に脱毛が多くなる理由

産後に脱毛が多くなるのは、女性ホルモンが深く関係しています。なぜなら、女性ホルモンには髪の毛の成長を助ける効果があるからです。女性は妊娠中、女性ホルモンの分泌量が通常より多くなります。けれども、出産すると女性ホルモンの分泌量は妊娠前の量に戻ります。これまで髪の毛の成長を助けていた女性ホルモンの量が急激に減少するので、髪の毛はこれまでのように成長しにくくなります。すると髪の毛は細く弱い状態でしか成長できず、抜けやすくなってしまうのです。

産後の脱毛はどうすれば改善するの?

産後の脱毛は女性ホルモンの急激な低下によって起こります。ただし、これは妊娠中に増えていた分泌量が、出産と共に元の分泌量に戻ることで起こる現象です。身体が女性ホルモンの分泌量に慣れ、髪の毛の成長のサイクルが整えばやがて元に戻ります。一度古い毛が抜けて、新しい毛が生えるまでには約半年~1年ほどかかります。新しい毛が生えそろえば、脱毛も少なくなるので、新しい毛が生えるまでまずは待ってみましょう。

いつまで経っても産後の脱毛が改善しない?

産後の脱毛は女性ホルモンの分泌量の変化によって起こります。半年~1年経過すると、髪の毛の成長サイクルも整うので、自然に解消されることが多いです。ただし、1年以上経過しても産後の脱毛が改善しない場合は、他の原因を疑う必要があります。例えば出産後、生活リズムが大きく変わることからストレスがかかりやすくなります。ストレスは自律神経を乱し、血流を悪くする原因になります。また、頭皮へのダメージが大きい場合も脱毛につながりやすいです。もし脱毛が改善しない場合は、ストレスの軽減や頭皮環境の改善にも取り組んでみましょう。

自己処理が難しい箇所を中心に、顔を除く全身すべてのパーツのムダ毛を、まとめて除去するのが、全身脱毛です