注射を打つだけでOK!ボトックス注射の美容効果

筋肉の動きをコントロール

近年ではメスを使わない「プチ整形」が注目されていますが、その中でもボトックス注射は注射を打つだけでさまざまな美容効果が得られるとして人気を集めています。

ボトックス注射のボトックスとは、ボツリヌス菌という細菌から抽出された成分を製剤した薬品です。ボツリヌス菌自体は毒性を持っていますが、ボトックスは無害なタンパク質だけを抽出したものなので安全です。

ボトックスには、神経伝達物質であるアセチルコリンの働きを部分的に弱める作用があります。簡単に言えば、特定の部位にボトックスを注入するとそこだけ神経の働きが鈍るのです。そのため、たとえ脳が筋肉に対して「動け」と指令を出しても、筋肉がそれに反応しにくくなります。

シワ取りや足痩せ・顔痩せに

ボトックスの持つこの働きを美容医療に用いたものの1つが、シワ取り治療です。

シワのでき方にはいくつかの種類がありますが、このうち笑った時やしかめ面をした時に目尻や眉間などにできる表情ジワは、表情筋の過剰な収縮によって起こります。この表情ジワができやすい箇所にボトックスを注射すると筋肉の動きが鈍くなり、シワが目立たなくなります。

また、部分痩せ効果を目指してボトックス注射を使うこともあります。特によく用いられるのが、ふくらはぎと顔のエラ部分です。これらの部分は、筋肉が発達しすぎると外側に張り出してしまうことがあります。ここにボトックス注射を行うと、筋肉の動きが弱まって筋量が落ちてくるので、足痩せ効果や小顔効果が期待できるのです。

ほうれい線や眉間の皺などはなかなかなくならないもの。ボトックスならばあっという間に消えてなくなります。量を調整すれば不自然さもなく、笑顔に自信が出ます。