肥満治療は肥満内科に定期的に行って助言をもらおう

肥満外来に行ってみましょう

肥満は、生活習慣病になりやすく、放っておけば更に体重は増加してしまう傾向があります。そこで、これ以上の肥満を食い止めるためにまずは肥満外来に行ってみましょう。そこでは適切な体重を図り、日常の生活からどうして肥満になるかを医師がアドバイスしてくれます。肥満の原因は食べ過ぎにあります。それも暇な時にはいつでも何かを口に入れていることが多い場合があります。まずは、その習慣を断ち切ることです。ご飯の時以外は食べないように習慣づけることです。最初は辛いですが、何か月かやっているうちに次第に慣れていきます。次に運動です。肥満の人は家でゴロゴロして過ごしてしまいがちです。それをウォーキングのような運動で良いので毎日続けることです。肥満外来でも同じようなことを言われます。

肥満は運動と食事が大切です

肥満の人は一度に食べる量が多いです。普通はご飯を一膳のところ、二膳、三膳となります。普通の人は一膳でいいと思うのに肥満の人はつい食べ過ぎてしまうのです。また、ご飯以外に間食が多いのも特徴です。クッキーやチョコレートなどご飯の合間に食べてしまいます。これで余計なエネルギーを取ることで余計に太ってしまうのです。更に、太ると運動するのが面倒になります。近くのコンビニに行くことさえ面倒で、わざわざ車で行ったりします。このような生活を続ける限り肥満の生活からは逃れられません。まずは、間食をやめること、そして飲み物でジュース類は飲まないようにすることです。ジュースを飲みたくなったらお茶などにしましょう。また、近い距離なら歩くようにしましょう。

肥満治療はカロリー管理を徹底する事が行われますが、3食を1500kcal以下で抑えるのが一般的です。